ポケットWiFiというものは…。

WiMAXモバイルルーターというのは、申し込みをするときに機種をチョイスでき、たいてい出費をすることなく手に入れることができます。とは言え選ぶ機種を間違えると、「利用するつもりのエリアが電波の届かに地域だった」ということがあり得ます。

WiMAXの通信サービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だと公にされています。東京都内23区はさることながら、日本それぞれの県庁所在地などでは、ほぼ100%サービスの提供を受けられると信じていただいて差支えないでしょう。

LTEというのは、これまで主役であった3Gを「長期的に進化させたもの」という通信規格で、この先何年かで登場してくることになる4Gへの転換をスムーズに進める為のものです。そういうわけで、「3.9G」と称されています。

WiMAXを向上させた形でマーケット投入されたWiMAX2+は、従来版の3倍の速さでモバイル通信をすることが可能です。更に通信モードを変更することにより、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTEも利用することが可能となっています。

ポケットWiFiというものは、一定期間内に使用可能な通信量や電波の種類が異なったりしていますから、利用の仕方によって一人一人に適するモバイルWiFiルーターも異なると考えていいでしょう。

自宅は言うまでもなく、戸外でもインターネットに繋げることができるWiMAXではあるのですが、もし自宅でしか利用しないとおっしゃるなら、WiMAXモバイルルーターよりも通常のルーターの方が良いと考えています。

NTTドコモであったりYモバイルなら、3日間で1GBという容量を超えることになると、しばらく速度制限を受けることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)だと、そのような制限はみられません。

WiMAX2+のギガ放題プランを選択すれば、毎月毎月7GBというデータ使用量の規定はありませんが、3日間で3GBを越えますと、速度制限に見舞われてしまうということを頭に入れておいてください。

スマホで使っているLTE回線と形の上で違うという部分は、スマホは端末自身が何も介さずに電波を受信するというのに対し、WiMAX2+はモバイルWiFiルーターを利用して電波を受信するという部分だと考えています。

人気を博しているWiMAXを持ちたいという人は非常に多いと思いますが、「WiMAXとWiMAX2+の違いというのは一体何なのかが明確化されていない」という人のお役に立てるように、その相違点を比較一覧にしました。

プロバイダーがそれぞれ掲載しているモバイルルーターの月毎の料金やキャンペーンを比較して、ランキング一覧にしました。ルーターを購入予定の方は、最優先で閲覧してみてください。

モバイルWiFiの月毎の料金は2000円台〜4000円台ですが、プロバイダーの中にはキャッシュバックをセールスポイントにしているところが見られます。このキャッシュバック金額をトータルコストから引けば、実質経費が出ます。

まったく同種のモバイルルーターであったとしても、プロバイダーが違えば月額料金は違うのが通例です。このWEBページでは、人気機種を“料金”順でランキングにしてありますから、比較していただければ嬉しいです。

「WiMAX」「ワイモバイル」「格安sim」の3つをターゲットに、それらの良い点と悪い点を押さえた上で、利用状況に即したモバイルルーターをランキング一覧の形でご披露させていただきます。

「ポケットWiFi」と言いますのは、「ワイモバイルが取り扱っている全てのWiFiルーターを言っている」というのが正しい見解なのですが、「どこにいてもネットに繋ぐことを可能にする端末すべてを指す」のが一般的になっています。

WiMAXの参考サイト:おすすめWiMA会社決定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です