インフレンザの語源とか豆情報

母乳でインフルエンザは映るのでしょうか?
皆さんこんなことになったことありませんか?
例えばお母さんが赤ちゃんに母乳を与えている場合、お母さんがインフレ下だとインフレータは感染するのでしょうか…

こういった部分、赤ちゃんに母乳を与えているお母さんも1では不安になったことがあるはずです。

ですが結果から言うと母乳では感染しません。
お母さんがインフルエンザに感染していたとしても、母乳そのものにはウィルスが含まれていません。

とはいえインフルエンザのウィルスが乳房に付いている場合、またはインフルエンザを完成させないためのマスクをしてない場合、母乳以外のルートで売ってることもあるので注意してもらいたいものです。

ちなみにイングランドに感染した方が菌を撒き散らすのは、平均的な数字で言うと約二日間程度です。
その二日間以外の期間はさほど多くのウィルスの排出はないとされています。
また最もインフレータのみですが排出され、金を撒き散らしやすい時期が皮膚炎の発症するいちにち前からの数日間。
なのでインフルエンザにかかって高熱が出たタイミングではすでに麻里の人にウィルソンまき散らしている可能性が高い…といえそうですね。改行改行4的に完成はくしゃみや会話した時に出されるウィルスを含んだ唾などで起こります。
ではこのウィルスの含んだ唾は、どれくらい感染力が強いのでしょうか?
実はガラスの嫁などに残った比叡は約まる一日から2日間生き延びると言われいます。

つまり感染力の高いつばが付いているてに触れてしまえば高確率で感染します。
そういった理由からインフルエンザの予防には手洗いとうがい、マスクの着用が大切になってくるのです

インフレンザの語源

皆さんクレンザーという言葉の語源をご存知ですか?
これはイタリア人が1358年に付けた名称なんです。

というのは当時のイタリア人お、このインクレンズが星屋寒さなどの影響によって決まると考えていたため、影響という言葉を選んでインフルエンザと名付けたのです。
ちなみに医学的に最初に行くレンズがはっきりと記録されているのが1510年イギリスでのこと。
驚くことにこの時期にすでに妊婦がインフルエンザに感染した場合一般の方より重症化するケースが多いというのがわかっていたそうです。
実に今から500年も前のこと。

その後浅学80年、1675年、1693年、1733年と何年か周期で子供や類似法人を中心としたインフレ化が大流行したと記録されています。
今でも毎年冬には季節性のインフルエンザが流行ります。
これはなんと500年以上前からついていることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です